Sample Online Shop

LINEで送る

18、レースの“荒れる荒れない”を掴む~波乱グラデーション~

【PR1】当ページの前身時に公開した【穴馬マニュアル】を今すぐ直ダウンロード!
【PR2】無料ソフト&読者限定の【データ配信】も!今すぐメルマガ登録!!

次に紹介するオッズのみかたは馬連で万馬券を平均の倍近く狙えるレースも解る。
波乱グラデーションという理論です。馬券を買う際に、レースの荒れる荒れないが掴めれば、
随分と馬券検討が楽になる事は、あなたも想像できると思います。
その“荒れる荒れない”を大枠掴むために、波乱グラデーションという指標を開発しました。

拮抗

では、この波乱グラデーションの算出方法をご紹介します。

波乱グラデーションは2つの指標を掛け合わせ1~10の値(グラデーション)を、
表示しています。では、どのように計算し表示しているのか、以下からご紹介していきます。

指標1:概算波乱値

馬連得票率2%以上の馬の頭数・単勝得票率3%以上の馬の頭数。
これらの馬を上位争い出来る一応のラインと考え、
出走数の割合からチャンス馬が「多いか・少ないか」を以下の式で判断します。

(A)単勝得票率3%以上~ の頭数
(B)馬連得票率2%以上~ の頭数
(C)出走数

【 式 】指標1の値(概算波乱値) = {(1÷C)×(1000÷A)} + {(1÷C)×(1000÷B)}

上記式で出た値を、以下の10段階に当てはめ[01]~[10]のいずれかを算出する。

[01]~10.099以下
[02]10.1~10.899
[03]10.9~11.699
[04]11.7~12.199
[05]12.2~12.899
[06]12.9~13.749
[07]13.75~14.799
[08]14.8~16199
[09]16.2~18.99
[10]19.0~以上

この概算波乱値はおっずみる!の以下の場所に表示されています。

拮抗
拮抗

指標2:馬連オッズ分布

次の指標は馬連の上位人気のオッズ分布と波乱傾向に注目し、
荒れやすいか・荒れづらいかを以下の方法で判断します。

Ⅰ:以下に該当するフォーカス数を数える

(A)7.500%~以上 のフォーカス数(馬連オッズ4.9倍以下相当)
(B)3.750~7.499% のフォーカス数(馬連オッズ5.0 ~ 9.9倍相当)
(C)2.500~3.749% のフォーカス数(馬連オッズ10.0 ~ 14.9倍相当)
(D)1.875~2.449% のフォーカス数(馬連オッズ15.0 ~ 19.9倍相当)

Ⅱ:各フォーカス数から点数を付ける
(A)0個=2点 1個=8点 2個以上=16点
(B)0個=1点 1個=2点 2個以上=5.5点
(C)0個=1点 1~4個=2点 5個以上=8点
(D)0・1個=4点 2・3個=2点 4・5個=1.5点 6個以上=2点

Ⅲ:Ⅱで出した各フォーカス数から点数を算出。
足し算し以下の8段階に当てはめ[01]~[08]のいずれかを算出する。

[01]~6.5
[02]7.0~7.5
[03]8.0~9.5
[04]10.0~11.0
[05]11.5~13.0
[06]13.5
[07]14.0~16.0
[08]16.5~
以上が指標2の算出方法となります。

この指標2は以下のように表示されています。

拮抗

指標1と2を掛け合わします

先程出した「2つの指標」は共に、
値が大きければ本命傾向・小さければ穴傾向という特徴があります。

1つだけでも十分波乱を読む効果はあるが、
それを2つ掛け合わせ、より精度の高いものを目指しています。

例えば2つめに紹介した「馬連オッズ分布」は、
競馬場やWINS等の現場で値の算出が困難な場合でも
加点の「ポンイトの高さ」からも本命傾向が伺える。
・馬連オッズ4.9倍以下が2つ以上
・馬連オッズ10.0 ~ 14.9倍が5つ以上
この2つを頭の片隅に置いておけるだけで、
場内でオッズを確認し該当があれば「本命傾向だな~」とか、
反対に全く該当が無いと「荒れるかもな~」という予想立てを
付けられると思います。

もっとも、おっずみる!はスマホからも見られるので、
この2つを覚えておく必要も今は無いかもしれませんね。

さて本題から少々ズレてしまったが、
波乱グラデーションの値は次のページのように、
指標1と指標2を交差させて算出させる。

馬連オッズ分布/概算波乱値 ⇒ 波乱グラデーション

01/01 ⇒1
01/02 ⇒1
01/03 ⇒1
01/04 ⇒2
01/05 ⇒3
01/06 ⇒2
01/07 ⇒4
01/08 ⇒3
01/09 ⇒3
01/10 ⇒5

02/01 ⇒1
02/02 ⇒2
02/03 ⇒2
02/04 ⇒3
02/05 ⇒4
02/06 ⇒4
02/07 ⇒6
02/08 ⇒4
02/09 ⇒5
02/10 ⇒7

03/01 ⇒1
03/02 ⇒2
03/03 ⇒3
03/04 ⇒3
03/05 ⇒5
03/06 ⇒4
03/07 ⇒6
03/08 ⇒4
03/09 ⇒5
03/10 ⇒7

04/01 ⇒2
04/02 ⇒2
04/03 ⇒3
04/04 ⇒4
04/05 ⇒6
04/06 ⇒5
04/07 ⇒7
04/08 ⇒6
04/09 ⇒6
04/10 ⇒8

05/01 ⇒3
05/02 ⇒4
05/03 ⇒5
05/04 ⇒5
05/05 ⇒7
05/06 ⇒6
05/07 ⇒8
05/08 ⇒7
05/09 ⇒8
05/10 ⇒9

06/01 ⇒4
06/02 ⇒5
06/03 ⇒6
06/04 ⇒6
06/05 ⇒9
06/06 ⇒8
06/07 ⇒9
06/08 ⇒8
06/09 ⇒9
06/10 ⇒10

07/01 ⇒4
07/02 ⇒5
07/03 ⇒6
07/04 ⇒7
07/05 ⇒9
07/06 ⇒8
07/07 ⇒9
07/08 ⇒9
07/09 ⇒9
07/10 ⇒10

08/01 ⇒5
08/02 ⇒6
08/03 ⇒8
08/04 ⇒7
08/05 ⇒10
08/06 ⇒9
08/07 ⇒10
08/08 ⇒10
08/09 ⇒10
08/10 ⇒10

以上が波乱グラデーションの算出方法となります。


17、回収率が著しく低いZクラス <<<前のページ|次のページ>>> 19、波乱グラデーションから解る事

↑ PAGE TOP